コンクリートテストハンマーとは?

建設関連の測量機器等をメインに取扱っている株式会社山陽測器ですが、富士物産のコンクリートテストハンマーであるシュミットハンマーの認定として販売・レンタルサービスを行なっているようです。
同社で取扱っているコンクリートテストハンマーであるシュミットハンマーについて詳しくみてみましょう。

◆コンクリートテストハンマーとは?

まずは、コンクリートテストハンマーの役割や特徴について確認しておくことにしましょう。
硬化コンクリートの表面をコンクリートテストハンマーで強く打ち付けると反発に発生します。この反発度合いから通常のコンクリートの圧縮強度を推測することが可能になるそうです。
こうした一連の操作を行なってコンクリートの圧縮強度を推定するための非破壊試験機が、コンクリートテストハンマーになるようです。
コンクリートテストハンマーを使うことで、コンクリートの一軸圧縮強度を推測することが可能だそうです。また、古くなってしまったコンクリートの耐用性テストや、コンクリート製品の品質管理などについてもコンクリートテストハンマーが使用されているそうです。

◆シュミットハンマー=コンクリートテストハンマー?

株式会社山陽測器で取扱っているコンクリートテストハンマーはシュミットハンマーだけのようです。
シュミットハンマーはスイスにあるプロセク社によって生産されているようです。日本ではコンクリートテストハンマーの名称として「シュミットハンマー」が使われることが多いそうです。
因みにシュミットハンマーというのは、スイスにあるプロセク社の商品名だそうですが、本来のコンクリートテストハンマーの総称は「リバウンドハンマー」になるそうです。
本来の総称ではなく、一企業の商品名が使われているのは、日本で普及率の高いコンクリートテストハンマーがプロセク社のシュミットハンマーであるからだそうです。
日本でシュミットハンマーを取扱っている代理店は富士物産になるそう。

◆シュミットハンマーの種類

それでは、シュミットハンマーの種類にはどんな種類があるのか見てみることにしましょう。
株式会社山陽測器で取扱っているレンタルサービス用シュミットハンマーには2種類あるようです。コンクリートテスト用のシュミットハンマーと岩盤テスト用のシュミットハンマーになります。
コンクリートテスト用のシュミットハンマーにはコンクリートの強度に合わせて普通、軽量、低強度用があるようです。
株式会社山陽測器のレンタルサービス対象のコンクリートテスト用のシュミットハンマーは普通コンクリート用のものだそうです。
因みに同社のシュミットハンマーは、どちらも記録紙がついているタイプのものになります。

コンクリートテストハンマーについて見て来ましたが、使用頻度が多くなければコスト面も考えればレンタルサービスの利用を検討しても良さそうです。