非破壊検査~鉄筋探査機~

非破壊検査を行なうことが出来る機器にはさまざまな分野で利用することが可能なものと、特定の分野で使用するためのものがあります。
株式会社山陽測器で取扱っている鉄筋探査機は、後者の特定の分野で使用するためのものに該当するそうです。
鉄筋探査機についてもう少し詳しく見てみることにしましょう。

◆鉄筋探査の目的

まずは、鉄筋探査機の目的について確認しておきましょう。
鉄筋探査を行なう目的としては施工管理が行われている状態の品質のチェックがあるそうです。
具体的には、改修工事・耐震補強工事等が行われた後で施工アンカー工事が行われます。
その時に鉄筋が切断されたり、建物に埋めこみ設置されているものを傷つけたりすることを防ぐことを目的としているそうです。
その際にチェックされるのは、コンクリートの建物などの中にある鉄筋の配筋状態やかぶり厚などのチェックが行われるのだそうです。
鉄筋探査機は、こうしたチェックを対象となる建物などを壊すことなく行なうことためのものになります。

◆鉄筋探査機の種類

それでは、鉄筋探査機にはどんな種類があるのでしょうか?
電磁波レーダー法と電磁誘導法と言う2種類の方法があり、それぞれの方法を取り入れた鉄筋探査機があるそうです。
それぞれの鉄筋探査機の特徴は以下の通りになります。
①電磁波レーダー法
電磁波をアンテナからコンクリート表面に向けて照射します。そうすることで電磁波はコンクリートと電気的性質が違う物質があればその情報をキャッチして受信アンテナに伝える仕組みになっているのだそうです。
データの送受信にかかる時間から電気的性質が違う物質までの距離を知り、平面的な位置に関しては距離計が装備された装置を移動させて知ることが出来るのだそうです。
②電磁誘導法
試験コイルに交流電流を流して磁界を作り、検査を行なうものを磁界内に置いて行われるそうです。電磁誘導法の探査機を使うことで、コンクリートの建物などにある鉄筋の位置やかぶり測定を行なうことが可能だそうです。探査機によっては鉄筋の径の大きさについても推測することが出来るようです。

◆取扱い鉄筋探査機

株式会社山陽測器がレンタルサービス対象商品として取扱っている鉄筋探査機にはどのタイプのものがあるのでしょうか?
株式会社山陽測器では、電磁波レーダーを使うタイプ、電磁誘導を使うタイプとどちらのタイプも取り扱われています。
使用目的に合わせた鉄筋探査機選びは建設関連機器全般で多くの納入実績がある株式会社山陽測器に問い合わせてみてはいかがでしょうか?